旅好き花の備忘録

旅が好きです。おひとりさま女史の東京食べ歩き、海外や国内旅行記などを書いています。SFC修行もしています。

SFC修行。美ら海水族館滞在2時間の過ごし方とランチについて。

f:id:hanabanashi:20180720013513p:image

旅好き花です。ポイント貯めるケチケチ陸マイラーです。

2018年7月第1回目を実施。沖縄タッチに行きました。

その際に憧れの美ら海水族館に行きました。滞在時間2時間の過ごし方とランチについてまとめました。

SFC*1修行、スーパーフライヤーズ修行*2をすることにしました。

1.沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)

①美ら海水族館の特徴

沖縄本島の北西部にある水族館。 

大水槽を泳ぐジンベイザメやマンタ、イルカショーが人気。 

②那覇空港からのアクセス

那覇空港からはバスで美ら海水族館へ向かいました。 

 空港1階の2番乗り場。

117系統。117系統のバスは乗り換え不要で水族館へ直接向かいます。

片道約2時間15分。2500円。

バスによっては名護バスターミナルで乗り換えが必要らしいです。結構遠いです。

帰りも同じ117系統のバスを利用して帰りました。

 

2.滞在時間2時間の過ごし方 。見所は「黒潮の海」

①公園で海を満喫

f:id:hanabanashi:20180731020429j:image

 バスを降りたら海洋博公園の中央ゲートへ。入り口から右手に進んで行くと美ら海水族館が見えて来ます。

②ウミンチュゲート
f:id:hanabanashi:20180731020449j:image

海人門(ウミンチュゲート)からの眺めです。 

水族館に着くとすぐにこの景色が広がります。

海の色が本当に綺麗でした。

ウミンチュゲートからエスカレーターを降りて入り口に迎います。

③サンゴの海
f:id:hanabanashi:20180731020456j:image

 入ってすぐに「イノーの生き物たち」

実際にヒトデに触ることもできました。

浅瀬に住む生き物を観察して実際に触れることができるコーナーです。

そのさきに「サンゴの海」

サンゴの海の水槽は屋根がなく、直接日差しが入って来ます。

「熱帯魚の海」はサンゴと熱帯魚が自然に近い形で再現されています。

 

④「黒潮の海」

この「黒潮の海」の光景は圧巻でした!

深さ10m幅35m奥行き27m

巨大なアクリルパネルでできている水槽には

70種もの回遊魚がいます。


f:id:hanabanashi:20180731020443j:image

 海ガメのお腹がしっかり見えました。


f:id:hanabanashi:20180731020453j:image

 巨大なジンベイザメ。大きい。


f:id:hanabanashi:20180731020439j:image

マンタもいます。 

 

⑤オーシャンエリア
深海エリアを経て、オーシャンエリアへ向かいました。

目指すは「オキちゃん劇場」 

 無料で観覧できるイルカショーです。

水族館には半券提示で再入場できるので、戻りたい時は出口で確認して行くといいと思います。

水族館からは徒歩5分以上かかります。上映時間をチェックしておかないと意外に時間がかかるので要注意です。
f:id:hanabanashi:20180731020435j:image

 オキゴンドウやミナミバンドウイルカたちがショーをしてくれました。

オキちゃん49歳。かわいい。

 

3.美ら海水族館ランチ攻略法

美ら海水族館に着いたのが12時すぎ。ランチを食べようと思ったら館内はすごく混んでいました。

車で移動なら、近隣にあるレストランに行けばいいのでしょうが、バスで移動でかつ時間がないときは時間によってはランチを食べるのが大変です。

選択肢は3つしかないので参考にしてください。

 

①ここがオススメ「OCEAN BLUE」

カフェ「OCEAN BLUE(オーシャンブルー)」

「黒潮の海」のエリアにあります。(水族館1階)

スパゲティやナンドッグ、タコライスの軽食がいただけます。

先に席を取ってオーダーをする形式のセルフサービスのレストランですが、人が溢れていました。

みなさん疲れているようで回転が悪く、座れそうにありません。

 

でも、「ブルーオーシャン」の入り口で水槽側のいい席は指定席で当日受付できることを知りました。
f:id:hanabanashi:20180731020422j:image

 ●水槽側(指定席)

入れ替え制30分

別に受付があり名前を記入のうえその場で待ちます。

席の用意が出来次第着席券を貰えるシステム。

名前を呼ばれた時に不在の場合は、次の人へ権利が移ります。

 

「黒潮の海」エリアに来たらこの受付を済ませて、「黒潮の海」見ながら並んで、ここでランチを取ることをお勧めしたいです。

 

②オーシャンヴューを楽しみながらビュッフェ。レストラン「イノー」

水族館4階、入り口のところにあるレストラン「イノー」

沖縄の食材を使用した料理が評判のビュッフェです。

f:id:hanabanashi:20180909211901j:image 

水族館に入らなくても利用できます。

お昼時に水族館に着いたので、このレストランすごく混んでいました。

すぐに着席できる状況ではなかったので時間がもったいなくて、スルーしてしまいました。

このレストランを利用するなら11時ごろとか14時過ぎなどお昼時を外したほうがいいと思います。 

  

③時間がないときは総合案内所)ハイサイプラザ「カフェティーダ」

時間がなくてどこも混んでいて並ぶ気にもらずにいたのですが、

暑いしそんなに食欲もなくても、何か食べたい。

最終的には空いていたここでランチ。
f:id:hanabanashi:20180731020425j:image

 カレーライスなどの軽食が食べられます。種類は多くありませんが空いているのでゆっくり休むことができました。
f:id:hanabanashi:20180731020446j:image

「沖縄そば」美味しかった。 

 

4.美ら海水族館攻略法まとめ 

 SFC修行の傍ら、時間があったので美ら海水族館に行きました。

往復5時間、滞在時間は2時間。

でも、「黒潮の海」エリアを見ることができとても満足できました。

ランチはレストランが少ないので事前に空港で食事を済ますか、ランチを購入して向かえば良かったかもしれません。

また、那覇空港から水族館までバスで5000円。二人なら間違いなくレンタカーがおススメです。

 

 

<沖縄の記事はこちらにもあります。>

旅行-沖縄 カテゴリーの記事一覧 - 旅好き花の備忘録

< SFC修行についての記事はこちらにございます>

旅行-SFC修行 カテゴリーの記事一覧 - 旅好き花の備忘録

 

 

 

*1:スーパーフライヤーズカード。ANAの上位顧客が作ることができるクレジットカード機能付き、年会費有料のカード。様々な魅力的な特典がある。年間のANAの利用実績によって取得権利がもらえる。

*2:SFCをつくためには1年間でANAの利用実績に応じて与えらるステイタスが必要。そのためにANA、系列の航空会社を利用することで得られるプレミアムポイントが必要。最低5万プレミアムポイントが必要なため、1年間で5万プレミアムポイント得るために飛行機乗りステイタスを上げるために旅することをSFC修行、スーパーフライヤーズカード修行と言います