旅好き花の備忘録

旅が好きです。おひとりさま女史の東京食べ歩き、海外や国内旅行記などを書いています。SFC修行もしています。

ハルピン基本情報とホテル&レストラン

f:id:hanabanashi:20180919225210j:image

「氷祭り」で有名なハルビン市*1に行ってきました。

黒龍江大学に短期留学のために行きました。その時に泊まったホテル、レストランについてまとめました。(2016年9月)

黒竜江省ハルビンへは直航便はあるの? 

哈尔滨(Harbin ・日本語の発音はハルビン/ハルピン)

ハルビン市は黒竜江省の政治、経済の中心都市。

中国の最東北部に位置し、アムール川を挟んでロシアに接しています。

19世紀末から20世紀初めまでロシアの支配下にあり、 ロシア文化の影響を受けているため「東洋のモスクワ」とも称されます。

「氷祭り」が有名。1985年から1月~2月に開催されます。

公園を中心に氷彫刻などが展示されライトアップされる「 氷彫刻大会」も開催される。

世界三大氷祭り*2のひとつです。

中国語を習い始めて通った学校の先生がハルピン出身の留学生でし た。

故郷のことをいろいろとお話を聞いていて、 とても素敵なところだという印象を持っていて、中国語が話せるようになったらいつか行ってみたいと思っていました。

 

◆◆ハルピンへの行き方◇◆ 

日本からは直行便があります。(2018年9月調べ)

成田発 水曜日 日曜日 

関空発 水曜日 木曜日 土曜日

新潟発 月曜日 水曜日 金曜日

直行便には限りがあるので、一旦北京などを経由して

行く方が便利なようです。

 

2016年9月、シルバーウィークで長く休めたので中国内を

周遊することにしました。

東京⇒上海⇒ハルピン⇒北京⇒東京

主な目的は黒龍江大学への短期留学です。

短期留学のことはこちらに

黒龍江大学に3日間だけ留学してHSKの攻略法を学びました。 - 旅好き花の備忘録

 f:id:hanabanashi:20180917213147j:image

 

◆◆ハルピン滞在中のスケジュール◇◆ 

1日目上海浦東国際空港8:50発ハルビン太平国際空港11: 45着

2日目黒龍江大学

3日目黒龍江大学

4日目午前 黒龍江大学 午後観光

5日目ハルビン太平国際空港8:25着北京首都国際空港10: 25着

ほとんど大学で勉強して過ごしました。

本当は授業の合間に観光も考えていたのですが、

事前に思っていた通りにレッスンが受けられなかったので、

観光できたのは1日目の午後と4日目の午後だけでした。

でも、小さな街なのでそれで充分でした。

 

ハルピンで宿泊した「ホリデーインハルビンホテル」

f:id:hanabanashi:20180919170826j:image

「ホリデイ・イン ハルビン シティ センター (哈尓濱万達假日酒店)」

Holiday Inn Harbin City Centre

道里区经纬街90号

No.90 Jingwei Street Daoli

 

このホテルにしたのは中央大街の入り口に位置していたからです。

中央大街沿いにもホテルはあるのですが、車が入れないため

大きなスーツケースをもっていると大変かもしれない、

タクシーを呼ぶのも大変かなと思い、ここにしました。

 

9月だったので比較的安かったです。

氷祭りの時期がハルピン周辺のホテルは価格が跳ね上がるので

夏は比較的お安く泊まれます。

 

外資系なので英語が通じます。

アメニティも一通り揃っていました。

無料WIFIも完備。

ベッドがふかふかで寝心地が良かったです。

 

聖ソフィア大聖堂まで徒歩5分

松花江まで徒歩15分

ハルビン駅まで車で10分

ハルビン西駅まで車で30分

ハルビン太平国際空港まで車で50分

太陽島車まで15分

氷雪大世界まで車で15分 

ハルピンに来たら訪れたいレストラン&特産品 

 ◆◆水餃子のファミレス「喜家徳水饺」◇◆ 

f:id:hanabanashi:20180917213111j:image

「喜家徳水饺」

哈尔滨市道里区中央大街21号(中央大街与西十四街交口) 

東北地方の名物の一つ「水餃子」

このお店はチェーン店で全国で420店舗あります。

ファミレスのようなシステムです。

中国語ができなくても写真付きのメニューがあるのでオーダーも簡単。

ビールもあります。

エビ入りの海鮮水餃子がおすすめです。

ビールもあります。

エビ入り水餃子24元

ハルビンビール13元

黒酢などは店内のソースバーに自分で取りに行きます。

1人でも入りやすくて、味も美味しかったです。

 

◆◆東北家庭料理「老昌春饼(中央街店)」◇◆ 

f:id:hanabanashi:20180917213116j:image

老昌春饼(中央街店)

中央大街180号(近上游街)

春餅というクレープのようなものにおかずを何でも包んで食べます 。

北京ダックと同じ甘辛味噌をつけて、 ネギなどの薬味と一緒に巻いて食べます。

日本人には味になじみがあるのでおいしくいただけます。

ちょっと早い時間(6時くらい)だったので、一人だったのですが

「問題ないよ~」とお店の人は感じよく接してくれました。

一人だと主菜1品と春餅で十分でしたがあまりのおいしさに2品頼 んでしまいました。

3~4人で行ったらいろいろなものが食べられてよかったのに。

 

◆◆老舗のボルシチ店「藕罗巴西餐厅」◇◆ 

f:id:hanabanashi:20180917213218j:image

藕罗巴西餐厅(西十道街)

西十道街22号,西十道11号

ボルシチで有名なお店。

ロシア文化の影響が大きなハルピンでボルシチをいただきました。

ハルピンのボルシチは甘くて日本人の口に合わないといわれていま すが

ここのお店のボルシチは比較的食べやすいと聞いて伺いました。

ボルシチとポテトサラダをオーダー。

ポテトサラダは食べやすかったのですが、 ボルシチはやっぱり甘かったです。

ハルピンビールを頼んだのですが、冷やす習慣がないようで

生ぬるい瓶。冷たいのないの?と聞くと

氷を入れる?って聞かれました。

薄いビールなので氷をいれてもよかったのかもしれませんが、う~ んとうなっていると

少し待ってと。

出てきたのは30分後。冷蔵庫で冷やしてから出してくれました。

お店の人優しい。

 

後日、旦那さんがロシア人の友人に「ボルシチって甘いね!」って

話したら、とっても驚かれました。

全然甘くないし、 本場のボルシチはとってもおいしいのだそうです。

これはいつかロシアに行って食べねば。

 

◆◆ハルピンのアイスキャンデー「马送尔冰棍」◇◆ 

f:id:hanabanashi:20180919221352j:image

马送尔冷饮厅(マソンアールレンインティン)

中央大街89号马送尔宾馆(近九道街)

马送尔冰棍(マソンア〜ルアイス)

中央大街を歩いていると人だかりができていました。

ハルピン名物のアイスキャンデー。5元(2016年9月時点)

タッパーに入れて包装されていないアイスキャンディー。

食べたかったのですが、翌日の朝8時の便で北京に向かう予定だったので

お腹が心配で諦めました。


◆◆中央大街にはビールガーデンがたくさんある◇◆ 

f:id:hanabanashi:20180919221512p:image

 汇丽啤酒花园(フイリビアガーデン)

道里区安隆街85号汇丽广场

中央大街を歩いているとビール園がいたることろに。

中に入ると中央に席があり、周囲をビール屋さんや食べ物屋さんが

囲むレイアウト。

ビールは冷えていません。

寒いところなので、冷やす習慣がないのだと思います。

昼間はガラガラでしたが、夜になると賑やかです。

 

 

 

 

*1:日本語ではハルピンとも呼ばれる

*2:北海道の「札幌雪祭り」、カナダ「 ケベックウィンターカーニバル」、中国「ハルピン氷祭り」