旅好き花の備忘録

旅が好きです。おひとりさま女史の東京食べ歩き、海外や国内旅行記などを書いています。SFC修行もしています。

スペイン女子ひとり旅のモデルコースとコツ

2019年の10連休のGWにスペインに行きました。

女ひとり旅でちょっと不安もありましたが、ともて楽しく旅できました。

それは空港に荷物を預けることを思いついたからです!

f:id:hanabanashi:20190520164102j:image

 

 

スペイン10日間女子ソロ旅モデルコース 

日本からバルセロナ往復チケットを手配したので発着地はバルセロナ。

周遊旅行としては効率が悪いように思われるかもしれませんが、

女子ひとり旅にはオススメのコースとなりました!

 バルセロナ→マドリード→マラガ→ネルハ→グラナダ→バルセロナ

の周遊です。

 

◼️モデルコース

1日目 4月26日(金)19:40羽田→22:40北京(4hr)  /機内泊          

2日目 4月27日(土)02:30北京→08:15バルセロナ(11:45hr)

          12:00バルセロナ→13:25マドリード 

    (マドリード泊)

3日目 4月28日(日) マドリード観光

   (マドリード泊)

4日目 4月29日(月)  07:35 マドリッド⇒8:50マラガ
                               (バス)移動マラガ⇒ネルハ

            ( ネルハ泊)

5日目 4月30日(火)(バス)移動ネルハ⇒グラナダ

             (グラダナ泊)

6日目 5月1日(水)    19:25グラナダ→20:45バルセロナ

             (バルセロナ泊)

7日目 5月2日(木)

            (バルセロナ泊)

8日目 5月3日(金)

             (バルセロナ泊)

9日目 5月4日(土)    11:35バルセロナ→ 04:25北京(10:50hr)

            機内泊

10日目 5月5日(日)9:25北京→13:55成田(3:30hr)

 

 

なぜこれがオススメかというと、バルセロナイン・アウトで着いたらすぐにマドリードへ移動するからです!

これなら各地を回るときにネックになるスーツケースを空港に預けることができます。バルセロナ着いたその日にマドリードへ移動しますが、この時にバルセロナの空港にスーツケースを預けてしまうのがポイント!

マドリード〜グラダナまでの荷物だけを持って移動します。

 

前半のマドリード〜グラダナは観光中心にして、大きめのリュックに必要なものだけを持ち歩きます。

前半はバックパッカースタイル、後半は滞在型スタイルで旅を楽しむのがオススメです。

女子のソロ旅は荷物の仕分けがポイント

女子のひとり旅は荷物を極力持ち歩かないととってもラクに旅ができます。

でも、ちょっとオシャレもしたいのが本音です。

なので前半は観光中心のスケジュールを立てて洋服は極力持ち歩かない。

例えばTシャツなどは、首元がちょっとヨレたりちょっとシミがついてるけど、

なんだか捨てられずにいるようなものをチョイスして、

申し訳ないのですが捨てながら旅をします。

(空いたスペースでちょっとしたお土産を詰め込みます)

ジーンズは履き続ける!1人だからここは割り切る。

万が一汚れたり破けたりして履けなくなったら現地で買うくらいのつもりで荷造りをしてください。 

後半の滞在型観光の時にはオシャレなお洋服やヒールなどを楽しむと割り切ります。 

荷物は前半と後半に分けて3つに仕分けする

①前半だけ使用する荷物

洋服・化粧品・シャンプーなど

◾️ポイント

極力荷物を減らす。

Tシャツなどは着古したもので捨てることを前提に選ぶ。

②後半に使用する荷物

洋服・化粧品・シャンプー・途中で紛失したら困るものの予備(充電器など)

◾️ポイント

持ち歩かないので化粧品など多めでもOK

オシャレな洋服や靴もOK

充電器やメガネなど途中で荷物が紛失したら困るものも予備で

③全工程必要な持ち込み

メガネ・充電器・カメラ・携帯など

 

荷造りのポイント

・機内持ち込み荷物

1日分の化粧品や機内に持ち込めない充電器・デジタルカメラなど

直行便ではないので荷物が遅れることを想定して1日分の下着や化粧品など

→前半必要な荷物が全て入る大きめリュックがオススメです。

 

・預け入れ荷物

前半に必要な荷物と全工程必要な荷物(機内持ち込みしない分)を一つにまとめて取り出ししやすいところに収納します。

後半に必要な荷物は奥の方に収納します。

 

前半に必要な荷物を機内持ち込みしても良いのだけど、

スペインまでは直行便がなく経由地で過ごす時間があります。

この時に大荷物を持っているのも疲れるので、

預けてしまうことをオススメします。

バルセロナで荷物を預ける時にもたつかずに、

スーッと取り出せるようにまとめて一つにしておくと良いです。 

バルセロナ空港の荷物整理場所

荷物をピックアップしたら、ゲートから出てしまう前に

ターンテーブルのところにある椅子で荷物整理をしてしまいます。

飛行場の外に出たら一般の出迎え客もいるので、出てしまう前に荷物を整理してしまいます。

荷造りの時に一つにして取り出しやすいところに入れておけば、

サッと取り出すだけですから、目立つことなく出来ちゃいます。

私は前半の荷物が入るリュックを機内持ち込みしていたので、

スーツケースから荷物を取り出して、すぐにリュックを入れて終了。

持ち歩き用のリュックに入れてスーツケースに入れておいても良いと思いますし

可能であれば2つ荷物を預けても良いと思います。

とにかくきちんと仕分けしておくことをオススメします。

荷物整理の際は後ろに人はいないかなど念の為確認!

みんな大きな荷物を持っている旅行者ばかりなので大丈夫だと思いますが

気は抜かずに行ってください。

 

バルセロナの荷物預かり所

比較的わかりやすいところにあります。

T1に到着しゲートを出たらとりあえず直進。

この看板に沿って向かいます。

801〜908のチェックインカウンターの案内の下に

Consigna

Left Luggage 

とあるのでここを目指します。

     f:id:hanabanashi:20190527234556j:image

エスカレーターを降りたかなり奥まったところにありますがこのアイコンに沿っていけばすぐに着きます。

荷物をあづけるときに、いきなりスペイン語で説明されました。

もしかしたら英語だったかもしれませんが、わからず困っていると

壁の料金表を指してくれました。

「1日10ユーロ」

これで良いかと確認されていたようです。

OKというと荷物のセキュリティチェックを受けて、パスポートを出します。

引換券を渡され

「荷物を引き取る時にこれがな必要だょ!絶対なくなさないように!」

と言われました。

失くしたら怖い!と思い、念の為に写真を取っておきました。

(最悪の事態には、この写真を見せようと思って。)

 5日後戻ってきたのは夜の8時ごろでしたので、しっかり5日分の50ユーロでした。

1人で3箇所、4つのホテルに泊まり歩いたので荷物が少ないのは助かりました。

 

荷物は預けて持ち歩かない!ひとり旅の秘訣です!

周遊する時は空港や駅の荷物預かり所をチェックして身軽になって旅するのがオススメです。

また、ホテルも荷物の預かりサービスがありますので上手に利用して。

同じところに戻ってくるので効率は悪いのですが、知らない土地で大きな荷物を持って移動するのは不安になります。

夜遅い時間でも、荷物が少ない方が身軽ですし。

いかにも着いたばかりの観光客だとわからないのも、不安感を減らします。

 

男女問わず、ひとり旅の時はちょっとトイレに行くにも荷物を見ててくれる人はいないので、荷物はコンパクトにしておくことをオススメします。

そして〜国内の移動で安いLCC を利用するのであれば、この方法はとってもオススメです。