旅好き花の備忘録

旅が好きです。おひとりさま女史の東京食べ歩き、海外や国内旅行記などを書いています。SFC修行もしています。

ホテルリズベリオ赤坂のおすすめポイント

f:id:hanabanashi:20180925000432j:image

旅好き花です。

2017年10月に東京のホテルを泊まり歩きました。

その時赤坂見附のホテルに泊まりました。

 

■宿泊したのは

「HOTEL RISVEGLIO AKASAKA(ホテルリズベリオ赤坂)」

東京都港区赤坂3丁目18−1

 

東京メトロ銀座線「赤坂見附」駅   10番出口 徒歩2分

東京メトロ丸の内「赤坂見附」駅   10番出口 徒歩2分 

1ホテルリズベリオ赤坂を選んだ理由 

①割引率がすごかった!

ネットでホテルを探している時にすっごい割引率のことがたまにあります。

ホテルの比較サイトを見ていた時にこのホテルが68%割引!でした。

普段泊まれないところだと思って決めました。 

②「赤坂見附」駅徒歩2分

飲食店が多い通りにあります。

何度か歩いたことがある通りでしたがホテルがあるとは知りませんでした。

地下鉄の「赤坂見附」駅からは徒歩2分。エスカレータがあるので荷物の多い旅行者の人にもお勧めできると思います。

「赤坂見附」駅は銀座線、丸ノ内線の駅です。

「永田町」駅と接続していますが、結構歩くので注意が必要です。

東京の地下鉄は接続していそうに路線図で見えても、実は1駅くらい歩くことがあります。「赤坂見附」駅は半蔵門線・南北線・有楽町線の「永田町」駅と接続していますが、一駅くらい歩くと思った方がいいです。(実際地下で繋がっています。)

重い荷物がある時は上手に乗り継いで丸ノ内線か銀座線の「赤坂見附」駅を利用した方がいいと思います。

f:id:hanabanashi:20180925000446j:image

オシャレなエントランス。

通りからちょっと奥まったところにあります。

あと、ホテルのロゴがオシャレすぎて、遠くからちょっと判別しにくいです。

 

2. インスタ映えするインテリア

①お部屋はコンパクト

東京の繁華街のど真ん中にあるホテルなので、お部屋は狭いです。

HPで写真をみて素敵なお部屋だと思っていたのですが、

ナチュラルで雰囲気のある壁は壁紙でした。でもインスタ映えします!

f:id:hanabanashi:20180925000503p:image

パジャマがついているのは嬉しかったです。

ベッドスロー(フットスロー)*1もあります。

海外のお客様も多いようなので、実際必要なのかもしれませんが、オシャレです。

(寝っ転がって靴を乗せるスローの上にパジャマをセットするのはご愛嬌です。)


f:id:hanabanashi:20180925000518p:image

バスタブはなし。ガラス張りのシャワーブース。コンパクトなスペースにオシャレに配置されています。


f:id:hanabanashi:20180925000531p:image

 ソファの奥行きが狭い。ゆったり座れる感じではないです。

狭いスペースにコンパクトにインテリアが配置されていて、

不便ではありませんが、ゆったりはできません。

写真ではゴージャスな印象を受けますが、実際はコンパクトで機能的な感じです。

繁華街にあるので小さめの窓が逆によかったです。

 

アメニティは充実していました。

加湿器などもあり、狭いなかにうまく配置されています。

 

②シックなレセプション

レセプションはエントランスと同じようにオシャレ。

無料のコーヒーサービスもあります。

 

③別棟になりますが、レストランもあります。

「WINE&DINE TOKYO OVEN」

朝食はここでとります。

路面店なので宿泊者以外の方も利用可。

ブルックリンをイメージした内装とHPに書かれていました。

インテリアにこだわりがあるようです。

3. ちょっとオシャレなビジネスホテル

 シーズンによると思いますが、1万円前後で泊まれるならとても満足できると思います。

ちょっとオシャレなビジネスホテルという感じです。

東京赤坂のホテルなので、多少高くても仕方ないと思いますが、

シーズンによってはお安く泊まれることもあるので、上手に利用できるといいと思います。

 

<東京のホテルについてはこちらにもございます>

東京散策-ホテル カテゴリーの記事一覧 - 旅好き花の備忘録

 

*1:靴のままベッドに横になった時に、このスローの上に靴を置く